TEL:0561-74-0033

愛知県日進市栄3丁目2002番地

再診の方はご予約ができます。
駐車場45台ご用意しております。

手・足の痛み

よくある質問 求人案内
HOME»  手・足の痛み

手の痛み

症状・疾患

手の痛みで多いのは、腱鞘炎と関節痛です。腱鞘炎は指と手関節(手首)に多く、肘では筋肉と骨の付着部で炎症を起こすことも少なくありません。指では屈筋腱(指を曲げる腱)の炎症が多く、バネ指(引っかかって伸びなくなる)こともあります。

治療

内服、外用薬やリハビリテーションも行いますが、炎症を改善する腱鞘内注射や関節内注射を行うこともあり、サポーターなどの装具療法もよく行います。

足の痛み

症状・疾患

足の痛みは、足底筋膜(土踏まずの筋肉と足指の付け根の筋肉)が炎症を起こしたり、筋膜のアーチが浅くなって、クッションが弱くなり、足の関節炎や足首周囲の腱鞘炎を起こすこともよくみられます。

治療

炎症を和らげる薬や注射もありますが、ストレッチや体操の指導や、足底板(足裏につける板)やインソール(靴の中敷き)を、足の型を取って作成し、足を支えることも有効です。

PageTop